みらい書房
ヨガを中心に健康づくりのための書籍やCDを紹介する出版社です。

さあヨガを始めましょう

用意するもの
ヨガマットorシープスキン・ムートン
床からの衝撃をやわらげるために敷きます。

ヨガマットorシープスキン・ムートン
ショールor毛布
瞑想やリラックスの時にからだを冷やさないように羽織ります。
ヨガウエア
腰の周りがゆったりした動きやすいウエアがおすすめです。
素足で練習
ヨガのポーズで足の裏にあるたくさんのツボが刺激できます。
装飾品は外す
時計やイヤリングなど身に付けているものは外した方がベターです。
場 所
清潔で静かな環境のところがベストです。
始める前のポイント
食事はヨガの練習の2~3時間前にすませましょう。 手を洗い、口をすすぎ、落ち着いた気分で始めます。
ヨガタイム
いつでも、どこでも、どなたとでも練習できます。 最も適した時間帯は日の出前と日没時であるといわれています。

「ヨガの練習」基本のポイント

基本のポイント=瞑想のポーズ

基本のポイント=瞑想のポーズ
ゆったりと足を組んで座ります。

眉間に意識を集中する
目を閉じて眉間(第3の目)に集中します。

眉間に意識を集中する

呼吸は鼻で
ゆっくり吸って
ゆっくり吐きます。

ヨガは数千年の時の中で
多くのヨガ行者が宝物として
師匠から弟子へと正確に伝えられてきたものです。

何よりも大切なことは
ヨガを練習して
効果を実感として体験し
意識することです。

まず、ヨガにチャレンジして
あなた自身で効果に気付き
確かめることから始めてみませんか。

「ヨガの練習」一連の流れ(1時間のコース)

①チューニング(波長を合わせる)
①チューニング(波長を合わせる)
基本のポーズで座ります。
胸の前で両手を合わせて合掌します。
「オング ナモ グル デブ ナモ」の
マントラ(真言)を3回以上唱えます。
②呼吸は鼻から行うのが基本
眉間(第3の目)に集中します。
③ウォームアップ
③ウォームアップ
お腹をゆっくり回し、背骨をやわらかく伸ばします。
④一連のヨガセット
ヨガセット(本文26P~84P)の中から1つのセットを選び練習します。
⑤セット後の深いリラックス
一連のヨガセットが終わったら仰向けになってリラックスします。
⑤セット後の深いリラックス
⑥リラックスのあと、意識を徐々に戻す
⑥リラックスのあと、意識を徐々に戻す
⑦瞑想
基本のポーズ=瞑想のポーズで座ります
瞑想(本文86P~101P)の中から1つの瞑想を選び練習します。
⑦瞑想
⑧練習のあとのリラックス
瞑想が終わったら仰向けになってリラックスします。
ヨガセットと瞑想の効果を十二分に確認します。
⑨最後のポーズ
基本のポーズで座ります。
胸の前で両手を合わせて合掌します。
「サット ナム」のマントラ(真言)を唱えます。
⑨最後のポーズ

上体を前に倒し(おじぎの要領で)、一連の練習が終わります。

CopyRight: 2006 mirai Shobou CORPORATION All Rights Reserved.